Tags

No tag on this sentence.

View all tags

Logs

  • date unknown
linked to #39372
  • date unknown
デネットの著作の中心的主張は、端的に言えば、内的精神状態の存在を否定するということである。

Sentence #202160

jpn
デネットの著作の中心的主張は、端的に言えば、内的精神状態の存在を否定するということである。
デネット の 著作(ちょさく)中心(ちゅうしん) (てき) 主張(しゅちょう) は 、 端的(たんてき)()えば 、 内的(ないてき) 精神(せいしん) 状態(じょうたい)存在(そんざい)否定(ひてい) する という こと で ある 。
You cannot translate sentences because you did not add any language in your profile.
Add a language
eng
The main point of Dennett's book, in short, is to deny the existence of inner mental states.
deu
Der wesentliche Punkt von Dennetts Buch ist, kurz gesagt, die Existenz innerer Geiseszustände zu bestreiten.
fra
L'argument principal du livre de Dennett est, en résumé, de nier l'existence des états mentaux internes.
rus
Главная мысль в книге Деннета, если коротко, заключается в отрицании существования внутреннего психического состояния.

Comments

There are no comments for now.